これまでの記事

入学式

金沢錦丘高校の入学式で無料体験のパンフレットを配布してきました。   電線や電柱が無いせいか、天気がいいと正門から見る校舎がいつも清々しく見えます。   コロナも収まり、入学式は以前のように保護者同伴

続きを読む »

予備校生の合格体験記

こんにちは。志向館で英語を教えている三木陽平です。金沢は少し冷え込んだ天気ですね。   さて、毎年3月の風物詩、予備校生の合格体験記の一部です。高校3年生も予備校をどこにするか決めかねているとおもいますので、よ

続きを読む »

志向館イメージガールの撮影

こんにちは、志向館で英語の指導をしている三木陽平です。   今年も、現役生の合格者から志向館のイメージガールが選ばれました。 立教大学法学部に進学する森さくらさんです。   6月以降に高校生向けに配布

続きを読む »

志向館の大掃除

こんにちは。志向館で英語を教えている三木陽平です。 金沢にも春の穏やかな兆しが見えてきました。志向館はこの時期大掃除が行われます。 毎年3月に先生方で協力して、新しい予備校生、高校生、中学生を迎えるためにワックスがけをし

続きを読む »

共通テスト化学2022

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の問題は共通テストになって出題されるようになった。完全な計算を必要とする問題です。

志向館の徳野です。今回は今年の共通テストの化学に対する考察と、来年の受験生に向けてどのように勉強していけばよいか書きます。

まず、大学入試センターから発表された中間集計の平均点ですが、間違いなく低いです。理由ははっきりしています。計算を必要とする問題が多すぎるからです。ここ何年も言い続けているのですが、計算量が多いと平均点が下がるのです。

 

具体的に、第4問の問2、第5問の問2のcとdを1問として考えると、

知識だけで解ける問題 11問

計算を必要とする、または有機化合物の異性体を考える必要がある問題 17問

せめて計算を必要とする問題を半分にしてほしいと思っています。それでも平均は低いでしょう。過去のセンター試験の様子を見ても適正なのは、計算を必要とする問題の割合は30~40%です。

 

さて、その計算問題を1問1問見ていくと簡単とは言えないですが、難しい問題もあるにせよ、計算そのものも煩雑なものではなく、割とよくできています。ただし、これが連続するとかなり精神力を奪われるようで、未熟な人であるほどできる問題でもできなくなるようです。たぶん作成者はそれがわからないのでしょう。ちなみに知識だけで解ける問題も少し難しく、これは誰でも解ける問題だろうと思われるものは2・3問でした。

 

この傾向が続くとすると次の受験生も大変でしょう。60%の得点を取るにはかなりのスピードとタフさが必要です。化学は旧帝大・医学部では必須であることが多いですが、ほとんど理系の受験生は国公立二次試験で化学を必要としません。ですが、そこそこの点数を取ろうと思ったら二次レベルの勉強時間をとる必要があります。昔のように化学はセンターまでだからという考え方はできません。理系は全員旧帝大や医学部を受けるつもりの勉強が必要であることを皮肉を込めて書いておきます。