これまでの記事

海水浴は健康のため

夏期講習もはじまり、夏期講習の疲れを取りに、family fishingに行ってきました。小さい時に教わった、夏になると、健康のために「海に入らないと」という考えが頭に浮かびます。「海に入ることは本当に健康なのか?」とい

続きを読む »

体調管理

みなさんお久しぶりです。志向館の山城です。 さて暑くなってきてアイスが美味しい時期になってきましたね。志向館では夏期講習や夏期合宿の募集で忙しい感じになってきました。題名に体調管理とありますが僕自身体調を崩したりと大変で

続きを読む »

七夕~目標のみえる化~

こんにちは。志向館で英語を教えている三木陽平です。 今週は七夕でしたね。 志向館の生徒たちも短冊に願いをのせていました。 生徒には「目標のみえる化」の話をしました。 受験において一番大事なことは志望校を目指すことです。

続きを読む »

旬のものを食す

日ごろのパフォーマンスを上げるには、もちろん食生活が基本! 旬のものをしっかり食べて健康管理!ところで、旬のものを食べると体に良いといわれますが、 何となく理解はしてますが、とにかく調べてみました。   旬とは

続きを読む »

共通テスト世界史 有事の際には札を刷る

どうも、志向館で世界史を教えている三木陽平です。

 

現役生の世界史受講者の皆さん!共通テスト直前の現代中国史講座、ためになりましたか??

 

複数の問題が本番でも出題されて、三木は微力にでもお役に立てたかと思います。

 

最後の2週間の授業は、アフリカ史と朝鮮史を取り扱うつもりです。私立の問題は地域誌を単独で出題してくるため、手薄な地域を抑えておくとよいでしょう。

 

今回の世界史の問題の一つ、紙幣の発行に関する問題ですね。仮説を立てるという問題の組み立てはなかなかです。

 

金貨鋳造量が100万ポンドを下回るのは、1799年から1813年にかけてです。

 

そもそも1750年から1821年にかけてイギリスとロシアで目立った戦争はないですね。

 

したがって、ナポレオン戦争下におけるフランスの戦いに備えたものでしょう。

 

そして、この時期の紙幣発行量はグラフより比例して増加してますから、紙幣を大量に発行したことは明らかです。

 

正解は3番…グラフから推理して素直に解答する問題でした。

 

コロナ禍で日本の通貨供給量が過去最高の1450兆円後半に突入した話は授業でも取り扱いましたね。

 

志向館の世界史授業では社会科学として様々な知識を享受します。

 

そのような見識の広さは共通テスト型には欠かせないですね。

 

有事の際には札を刷る…なんだか日本の世相を反映しているような入試問題な気がしました。