これまでの記事

ホワイトボードマーカー②

今度は写真のホワイトボードマーカーを使ってみました。書き心地やもち具合は悪くありません。補充もできます(下の写真)。本当にインクの補充ができるの?という見た目でしたが、一応できるようです。説明書には4時間程度で完全補充で

続きを読む »
志向館で通常使っているマーカー

ホワイトボードマーカー

もう長いことこの仕事をやっていますが、今までホワイトボードマーカーにはこだわりはなかったんです。今さらですが、いろいろなホワイトボードマーカーを使ってみようと思い立ちました。昔は種類が少なかったと記憶しているのですが、調

続きを読む »

努力

こんにちは。志向館英語科の山城です。 また釣りの話題からなんですけど。。   僕が釣ってません笑笑 お隣さんにかかった大きな大きな真鯛のネットランディングと言われる最後の網入れをサポートしただけです笑笑 3年間研究に研究

続きを読む »

かげろう

こんにちは、志向館予備校の英語講師、三木陽平です。 先日、志向館2号棟の入口にて、珍しい光景を目にしたのでブログに掲載します。   みなさん、この生き物が何かわかりますか?そうですね、蜻蛉です。 蜻蛉は成虫にな

続きを読む »

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし(場外編その3)

数学の答案の記述について、

 

中には記述の配置が適当な人もいて、流れがわかりにくい答案がある。

もちろん、採点者はがんばって読んではくれるだろうが、

やはり、印象は悪いだろう。

 

”きれいな”答案のためには、

文頭をきちんと、左に揃える。

数式も始まりを、左に揃える。

これだけで、ずいぶんと印象が変わる。

そのためには、日頃から問題集を解くときにノートの左から揃えて

書き出すことを心がけてほしい。

 

それから、計算をどの程度、記述の答案に書き出すか。

中には、途中計算をやたらたくさん書き込む人もいるが、ある程度の暗算は必要である。

そうでないと、やはり時間が足りなくなる。

かと言って、あまりに書かなくて、計算ミスをする人もいない訳ではない。

要は、程度の問題なのであるが、

 

その当たりの機微は、常勤が中心となって、生徒の答案までも把握しながら、授業を進める志向館だからこそ指導できるのであって、

 

大学生を中心にすえて、質問対応するような個別塾では、到底指導できるものではなかろう。

 

この回より、理系部会名義での投稿となりました。

 志向館 理系部会