これまでの記事

学問の神様

こんにちは。志向館英語科の山城です。 ちょいと今年もみなさんの合格と勧学のお詣りに京都の北野天満宮へ行ってきました。 学問の神様、菅原道真公にお詣りしてきたわけですが神頼みだけに頼っていては多分うまくいきません。。笑笑

続きを読む »

もうすぐ期末テスト

新人戦期間が終わって、もうすぐ期末テストになります。受験生にとっては最後の定期テストになります。朝晩大半寒くなってきたので、体調管理、感染対策に気を付けて頑張ってください。  志向館・理系部会 前川

続きを読む »

ボーリング大会

こんにちは。志向館で英語を教えている三木陽平です。   先週の木曜日、予備校の体育が行われました。今年度最後の体育であり、ボーリング大会が開催されました。私自身、大学時代は散々ボーリングばかりしていましたが、久

続きを読む »

伐採しました

10月23日30日の2週にわたって、三木先生が表玄関のニセもみの木を伐採しました。 気が付いている方も何人かいるでしょう。30日は金沢マラソンを沼田町交差点で応援しながらの作業でした。 グーグルマップと全然違う風景です。

続きを読む »

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし(場外編その3)

数学の答案の記述について、

 

中には記述の配置が適当な人もいて、流れがわかりにくい答案がある。

もちろん、採点者はがんばって読んではくれるだろうが、

やはり、印象は悪いだろう。

 

”きれいな”答案のためには、

文頭をきちんと、左に揃える。

数式も始まりを、左に揃える。

これだけで、ずいぶんと印象が変わる。

そのためには、日頃から問題集を解くときにノートの左から揃えて

書き出すことを心がけてほしい。

 

それから、計算をどの程度、記述の答案に書き出すか。

中には、途中計算をやたらたくさん書き込む人もいるが、ある程度の暗算は必要である。

そうでないと、やはり時間が足りなくなる。

かと言って、あまりに書かなくて、計算ミスをする人もいない訳ではない。

要は、程度の問題なのであるが、

 

その当たりの機微は、常勤が中心となって、生徒の答案までも把握しながら、授業を進める志向館だからこそ指導できるのであって、

 

大学生を中心にすえて、質問対応するような個別塾では、到底指導できるものではなかろう。

 

この回より、理系部会名義での投稿となりました。

 志向館 理系部会