これまでの記事

学問の神様

こんにちは。志向館英語科の山城です。 ちょいと今年もみなさんの合格と勧学のお詣りに京都の北野天満宮へ行ってきました。 学問の神様、菅原道真公にお詣りしてきたわけですが神頼みだけに頼っていては多分うまくいきません。。笑笑

続きを読む »

もうすぐ期末テスト

新人戦期間が終わって、もうすぐ期末テストになります。受験生にとっては最後の定期テストになります。朝晩大半寒くなってきたので、体調管理、感染対策に気を付けて頑張ってください。  志向館・理系部会 前川

続きを読む »

ボーリング大会

こんにちは。志向館で英語を教えている三木陽平です。   先週の木曜日、予備校の体育が行われました。今年度最後の体育であり、ボーリング大会が開催されました。私自身、大学時代は散々ボーリングばかりしていましたが、久

続きを読む »

伐採しました

10月23日30日の2週にわたって、三木先生が表玄関のニセもみの木を伐採しました。 気が付いている方も何人かいるでしょう。30日は金沢マラソンを沼田町交差点で応援しながらの作業でした。 グーグルマップと全然違う風景です。

続きを読む »

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし(場外編その2)

受験生にとっては、毎週末に模試のあるシーズンが到来しました。

 

言うまでもなく、模試の見直しは一番重要であることは、先生からも言われていることですし、

自分でも十分わかっていることでしょう。

 

で、数学に関して、間違った問題を中心に復習をするのですが、

 

「あっこれは計算ミスやから。惜しいな、あと10点は取れたな」って言うのを毎回ぼやく人がいます。

ミスであろうとなかろうと、取れていないものは取れていないのです。それが自分の実力だと自覚をしてもらいたい。

自分で計算ミスを防ぐ工夫を怠らないでもらいたい。

 

次に、模試でできなかった問題は、無論解説を読むのですが、

読んで「あっそうなんや。わかったし、じゃあ次」というように、本当に読むだけの人がいます。

あるいは、もう一度解くときに、一生懸命、解説を横において、写している人もいます。

また、「あっ、あとは計算だからいいや」と言って、最後まで解かない人。

 

どちらにしても、そんな復習するくらいならやらなくていい。

 

解説を読んでわかったと思ったら、もう一度、最初から自分で最後まで解いてみる。結構、できないものです。

ましてや、読むだけでは、次、同じ問題が出てきても解けないでしょう。

 

宮前 龍彦